お茶と日々

お茶のことや日々のことなど徒然なるままに

型と形

もうひとつ。

「型に血(精神)が入って形になる」

という言葉。

まずは型から入る。
そしてその型に心を入れる。
そして形となる。

それが「道」。

また、
型というのはそれを通り、
通り越すもの。
そうして初めて、
気楽なお茶ができる。


これはまさにまさに踊り(特に舞とフラ)
と同じで感動したポイント!

まずは型。
そこに心が入り。
最終的にはその型を越える。


最初はこの型に難儀するわけで。
けれど型というのは理にかなっていて。
そこにはちゃんと理由があって。
それが「道」の入り口であり、
第一歩。
入り口ゆえに避けては通れず、
型から入り、
それを通り越すものだと。


「型なしと型破りは違う」

というのもよく聞く話。


これもまた深い。

だからこそ「道」なんだろうな。

そしてそれが日本人の精神性。
そして文化。

お茶を学ぶことで
日本を誇りに思えるうれしさ。

日本人に生まれてよかった…
としみじみ思うひと時。