お茶と日々

お茶のことや日々のことなど徒然なるままに

私のよさ

f:id:lovetealife:20210302151402j:plain

さっそく今日のお茶のお稽古で
先生に泣きつく。笑

といっても。
先日から日も経ち、
その時のような不安感は
やや薄らいではいたけれど。

うまく伝えられたか分からないけれど、
先生はいつでも「でーん」と
落ち着いているから。

「あれ?私が焦りすぎ?」

と我に帰るというか。


まず。

「(誰でも最初は)失敗はします」

と。笑
でもそれは当たり前のことだし、
それが勉強になってゆくということ。

失敗はしていい。

「失敗しちゃいけない」

と生真面目になるとしんどくなる。

「あらごめんね〜」

でいいのよ、と。笑


そもそも前任の先生と比較なんて出来ない。
キャリアがあまりに違いすぎるから。

同じように出来なくて当たり前。

「あなたの教室なんだから、
あなたのいいようにやればいいのよ」

って。

いやいやいや。笑
だからその
「好きなように」とか「いいように」
ってのが難しいんだってば!
という言葉は胸の内にしまって。笑


そして。

「あなたのよさはちゃんと伝わりますから」

と確信に満ちた様子で
そう言ってくださり。

そうかな。
そうだといいなと。
照れつつもうれしくなった♡

相性の問題はあると思うけど
私には私のよさがあるよね!
きっと!

とここはひとまずそう言い聞かせるとする。笑


そんなこんなで
今日は釣り釜(3月ならでは!)でのお点前と、
一番最初に習うお点前である
盆略点前を練習させていただいた。

新入生が入ればまずはここからだし。
一番最初に習うということは、
わたくし、
かれこれ10年以上ぶりにやるお点前。
そりゃさすがに忘れてるんじゃないかと思い、
これはちょっと復習しておかねばと…
(ひとつひとつ不安材料を消してゆかねば!笑)

はい。
やはり一部忘れてましたね。笑
やはり復習は必要でありました。
ふぅ…


そんな感じで。
4月の学校茶道部が始まるまでは
その準備としてのお稽古となりそう。

さすがに教えるとなると
断然お稽古の時の意識が違う!

先生の言われるままに
のほほんとお稽古していた時と、

「確実に覚えよう!」

として挑むお稽古とでは
脳細胞の活性の仕方がまったく違う!笑
(当たり前か)

頭を使わな過ぎて
このまま老化してしまいそうな勢いだったので、
これはいい老化予防となりそうだ。笑

そ、そこ!?笑

 

f:id:lovetealife:20210302151509j:plain