お茶と日々

お茶のことや日々のことなど徒然なるままに

怒りのトゲトゲ

なんかそうやってエラーが出ても、
私なんかは面白がっちゃうわけだけど。

スタッフによっては
めくじらを立ててそのトライに対して
反対する人もいて。

もちろん
その気持ちもちゃんとわかるのだけれど、
そうやって強烈に反発出来るって

「すごくエネルギッシュな人だな〜」

って感心して眺めてしまう。


それってある意味
「愛」があることだと思うし。

愛がなきゃ
そんなにまで自分のエネルギー使って
「反対」を訴えることもないだろうと思う。

逆に言えば
私なんか愛がないと言いますか。笑

他人事と言いますか。

蚊帳の外から
そのドラマを眺めているような感覚でもあり。

そこに没頭できないというか。

そこまで熱を込めて怒れないというか。

逆に笑ってしまうというか。


そこまで真剣になれるって
しみじみスゴいなぁ…と思ってしまう。

あのパワーたるや!

やっぱ愛でしょ!

私はあくまでもパートとして
楽しくお仕事出来ればいいと思っており。

そう、「パート」なので「部分」であり。

「全体」がこっちに行くと言えば
ナチュラルについて行きますし。

身体が右に行くと言うのに
小指が左に行くと言ったところで
どうしようもない話で。

もしそのトライがうまくいかないなら、
身体が右に行って失敗したらば、
自ずと左に引き返すでしょうし。

小指が小さなエネルギーを消費して
声を上げるまでもないというか。


それよりも、
小指は小指で小指なりに楽しめるはずで。

小指が身体全体の心配をしてもねぇ…
といったところ。


まぁ、いろんな人がいますよねって話。

そしてそこに正しいとか間違いとかはなくて。

みんな違ってみんないい。


だがしかし。

怒っている人の近くにいるのは正直シンドイ。。
トゲトゲが突き刺さるような感覚がする。

結局これが一番言いたかったこと。笑


みんな穏やかにいこうよ。。(お願い。。)